環境活動への取り組み

JVCケンウッド山形では、環境破壊が騒がれはじめたころより、積極的にプリント基板への鉛はんだから代替はんだの模索を行い、1999年に第一号鉛フリー製品の出荷を行いました。
現在も、出荷全品目への利用を目標に活動を続けています。

グリーン製品

鉛フリーとは?

現在、ほとんどの電化製品には基板と電子部品の接続を行う為に、鉛はんだが使用されています。
近年、このはんだに含まれる鉛による汚染、人体への影響が問題となってきました。

  • 電化製品の普及率の向上、買い替えサイクルの短縮による廃棄量の増大
  • 酸性雨により、廃棄した製品の鉛が地中へと溶出
  • 地下水へ鉛が混入
  • 人体への侵入・蓄積、環境汚染

鉛フリーとは?

これらが背景となり、環境にやさしく、無害な無鉛はんだ、「鉛フリ-はんだ」への移行が必須となってきました。
当社では環境保全に努める為に、業界に先駆けて「鉛フリーはんだ」に順次移行する取組みを実施しています。

※鉛フリーはんだとは錫を主成分とし、銀、銅等を添加した合金です。

廃棄物削除活動

大別してリユース品、マテリアルリサイクル品、サーマルリサイクル品、廃棄品に分類。

プラスチックスゴミに関しては塩ビ製ICスティックをチップリールと抱き合わせで業者に「リユース」として引取り、紙ゴミに関しては、ミックスペーパーの考えを取り入れRDF向け紙屑としてリサイクルに廻します。
アルコール系廃液は助燃剤としてリサイクルに廻す。などの自社努力、他社働きかけ活動でリサイクル率を改善。

廃棄物削除活動

地域活動

地域活動

赤川河口クリーンアップ作戦

防音対策

周辺への防音対策として、防音壁を取り付けています。その防音壁へ「地球にやさしく」をテーマに
県立鶴岡中央高校美術部と社内の絵心の持ち主の方々に応援を頂き、道路沿いの防音壁に壁画を書いていただきました。

防音対策1

ページトップへ戻る